スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ブログスタート! 

2009/09/09
Wed. 18:06

RES02266.jpg
ようこそ「ike photo」へ。今回記念すべき一回目は写真から。ここは地元にある白山神社という神社でで、なんといってもこのジメジメ感がたまりません!カラッと晴れた日の風景もいいけど、こういう湿り具合が日本を感じさせます。個人的に雨や露に濡れた木々や神社・仏閣が大好き。まっ、こんなジメジメ写真ばかりだと重~くなるので、いろんな風景をアップしていきたいとは思いますが、ほとんどが湿気を含んでるのではないかと思います(汗)。
 というわけで、あれやこれやとブログにアップしていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

極楽と地獄!? 

2009/09/10
Thu. 19:40

RES03005.jpg

RES03014.jpg

RES03025.jpg

RES03045.jpg

行ったのは8月ですが、富山県の立山町周辺に行ってきたのでアップします。
ここには極楽浄土と地獄があります。「えっ!?」っと思った方も多いと思いますが、道を走っていると「ここから先、あの世」なる表示が...。
とても信仰の厚いところでもあり、昔から神聖な場所でもあったようです。博物館に展示されているマンダラにも人の一生が描かれていて、極楽と地獄の様子が(特に地獄が)リアルに描かれています。血の池、舌を抜かれる人、針山を登らされる人などかなりグロイかな。
とにかく、生きながらにしてあの世を体験できる貴重なところでもあります。ちなみに最近までやっていた映画「剣岳 点の記」の舞台になった剣岳は針山地獄としてマンダラに描かれています(おそろしや~)。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

兼六園 

2009/10/21
Wed. 18:02

s-IMG_1336_20091021180107.jpg

s-IMG_1424.jpg

いや~、最近休みになると兼六園に出かけています。園内の木々も少しづつ色づいてきて秋も深まってきてる感じ。
にしても、観光できている中国人が多いこと多いこと。来園者の半分以上が中国人なのではないかと思うほどです。中には柵の中に入って写真を撮ってる人もいたりて...。さすがにマナーは守ってほしいものですなぁ~。
さて、これから11月に入れば園内の紅葉も見ごろをむかえる時期となるため、真っ赤になった兼六園がとても楽しみ!また足しげく通いたいと思います。
でも、今の時期のような色づき始めた葉っぱと、そうでない葉っぱのコントラストもすごく好きな風景のひとつ。ホームページにたくさんアップしたので良かったら見てやってくださいな。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

兼六園ライトアップ 

2009/11/15
Sun. 11:41

s-DPP_0080.jpg

s-DPP_0082.jpg

s-DPP_0084.jpg13日(金)の仕事帰りにライトアップされた夜の兼六園を見てきました。時おり雨も降ったりしてましたが、クラシックの生演奏を聴きながらライトアップされた園内を見るのはとてもロマンチック!
まあ私はカップルを横目にパシパシと撮影していましたが...。
その中でも、スーツ姿の仕事帰りのサラリーマンが一心不乱に撮影している姿を見て、「この人もカメラが好きなんだなあ~」と妙に仲間意識を感じた夜でしたワイ。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

神の杜 

2009/11/15
Sun. 12:08

s-DPP_0093.jpg

s-DPP_0094.jpg
早朝より白山ひめ神社へ行ってきました。雨も降っていたのですがカッパを着込み撮影開始!。
やっぱり雨に濡れた木々や石など、しっとりとした質感が出て最高!!
私の尊敬する写真家の石橋睦美氏も2年前に「神々の杜」という写真集を出され、この白山ひめ神社を訪れて撮影されてます! 写真集にも載ってます! (ぜひ興味のある人は見てみてね)
ちなみに、石橋氏は奈良にある春日大社によく訪れているようです。
というわけでホームページにも何点かアップしてみました。石橋氏の構図を参考に(ほぼパクリですが...)撮ってみました。
石橋氏曰く「全体を撮っても面白くない。自分が一番引かれるところを写し止めることが大切!」とのこと。う~ん難しい。ついつい全体を撮影しようとしてしまって、あとからパソコンのモニターを見て「何を撮ろうとしたのかよくわからんなあ~」と思うことがしょっちゅう。
少しでもいい写真撮れるよう、石橋氏を勝手に師と仰ぎ、これからも撮りまくっていくのだあー!!!


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。