FC2ブログ

悪魔のレンズ!? 

2010/11/25
Thu. 17:19

s-DSC_0430.jpg
NikonD700+Carl Zeiss Planar T* 1.4/50mm

最近のメインレンズであります「コシナCarl Zeiss Planar T* 1.4/50ZF」


良いんですよっ!マジでこれっ!!

つくりはオール金属でずっしりと重く、フォーカスリングの回し心地なんかもすんばらしいです。
もちろんAFではなくMFで、絞りもカメラ側では設定できずレンズ側で「カチカチッ」とまわして行います。

私が初めて買ったカメラがキャノンの「AE-1」。50mmの単焦点レンズ付で、学生の時に1万5千円ぐらいでカメラのキタムラで買った記憶がある。そのころはまだわけも解らず撮ってたっけど、とにかく楽しくて友達といろんな物を撮りまくってた。その時の楽しさがこのレンズにはあるんですよね。カメラ自体はデジタルだけど、ピントを外した写真もなんとなく味があっったりして「写真を撮る」楽しさが味わえる。


それとこのレンズ特有の特徴なのかどうかはわかんないですけど、絞りを開放で撮るとコントラストがガクンと低くなり周辺光量も落ちて、被写体にもよりますがちょっとしたトイカメラ風になったりもする。ただピントがどこにきてるかわかんないくらい浅いのでピンボケ写真を連発してしまいますが...。

で、F2.8ぐらいまで絞るとぐっとコントラストがたかくなり画像のシャープさがあがる。さらにF5.6ぐらいになるとビシッと引き締まった解像度の高い画像になりそれより絞っても後は被写界深度がふかくなるだけでシャープさはそれほど変わらなくなる感じかな。

すごくノスタルジックなスナップ写真から解像度の高い風景写真まで、いろいろな味をだしてくれるので、まさに一つで二度おいしいレンズといった感じです。

開放からシャープでコントラストの高い画像を求めるなら、たぶんシグマとかのほうが断然いい。

でもその辺も含めてこのレンズの味であり、私としてはかなり気に入ってます^^。

さて、そうなるとPlanar85mmが気になって...くる。


ほらっ、Zeiss沼から悪魔の手が・・・伸びてきている~。。。
スポンサーサイト



[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2010-11