スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

シャーベルモデルACE 復活日記 パート2 

2011/06/08
Wed. 18:22

s-DSC_0274.jpg
はい、いきなり続きです。ACEモデルの特徴でもある横の黒いライン部分を塗装します。よく見ると細かな凹みやキズがありますが、クリアーを吹いたら消えるだろうといい加減な考えを元にそのまま塗装。2~3回ぐらい吹いていきます。
s-DSC_0275.jpg
そして黒のサイドラインを出すために1.8ミリの太さにマスキングを行います。オリジナルも計ったら1.8ミリだったので同じ太さにしました。ただ最初から1.8ミリのマスキングテープが無かったので細いテープを2重にまいて太さを調整。
s-DSC_0279.jpg
そしてホワイトを吹きます。これも2~3回吹いたと思います。
s-DSC_0283.jpg
おっと、いきなりクリアーを吹いた写真になっっちゃいましたが、ホワイトが乾燥してマスキングを剥がすとブラックのライン部分とホワイトの間に段差が出来てしまいます。それを1000番の水研ぎで段差をならしていきます。あんまり磨きすぎると下地が出ちゃうのでほどほどに。
そしてクリアーを吹くんですが、今回はホルツの2液性ポリウレタンクリアーを2本分(一本がけっこう高い…)吹きました。なんていうのか水に濡れたような光沢がでます。このままコンパウンドしなくてもいいかな~なんて思っちゃうくらい濡れたようなきれいな光沢なんですよっ!
しか~し、やっぱり鏡面仕上げにしたいのでいったんゆず肌を取るためにマット状態にしなきゃならんのですよね~。
それはまたパート3にてっ!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。